YGGの反省を生かして、GAFIをあらゆる手段を講じて入手する話。

ブロックチェーンゲーム

 

 

おむ太郎(@DEXomutaro)です。

 

 

 

久しぶりのブログです。この1か月は、このGAFIコインを入手するために準備をしてきました。

 

事の発端はYGGコインのMISOで32人の鯨にコインを独占されたことです。

 


GAMEFIは今後伸びると私は踏んでいたので、暗号資産ポートフォリオにこのYGGは絶対に必要で買う必要がありました。

一瞬で買い占められたのを目の当たりしたとき、途轍もない喪失感襲われました。

終わった・・・。これは絶対に欲しかったのに・・・と。

これ以上はYGGの事を思い出すと悔しいので触れません。

SUSHIのMISOには失望しかないです。

 

そして、見つけたのがこのGAFI。

似たような分野で、ある程度信用できそうなので、私は本気で手に入れようと考えました。

今回は、ありとあらゆる手段でGAFIを手に入れるために行動したことを記事にします。

ちなみに、GAFIの販売はRed Kite、DAOMaker、KSMのパラチェーンオークション貢献の3種類になります。

 

 

スポンサーリンク

Compoundで資金をレンディング

現状、私は常に現金類(FIAT類)は持たないスタイルなので新しいコインを買うときは常に手持ちのコインを売るという事をしてました。

しかし、最近は売れるコインも尽きかけていたので、GAFIを入手するために、今までETHとCOMPを預けるだけに使っていたCompoundでレンディングをしてみました。


使った感想としては、すごい便利。なんで今まで使わなかったんだと。いや、使ってたら5月の暴落で退場してた可能性があったか。。

 

スポンサーリンク

PKF-ETHのLPを組んでRed Kiteでフェニックス確保

CompoundでUSDC(ERC20)を借りたので、これをユニスワップでETHとPKFに交換、これらでLPを組んでRed Kiteというプラットフォームでステーキングしました。

詳細は省きますが、多額のLPをステーキングすればフェニックスというTierになり、GAFIを確定で受け取れるアロケーションとなるので、恐らく250万円分以上注ぎ込みました。

DAO-USDCのLPを組んでDAOMakerで10000DAOパワーを確保

次に、Compoundでを借りたUSDC(ERC20)の一部をユニスワップでDAOというコインに交換し、これらでLPを組んでDAOMakerにステーキングして1番当たりやすい10000DAOパワーを確保し抽選に臨みました。

ここは恐らく2度と使いません。参加方法がSHOといって、確実にアロケーションを得られるものではないので、こんなものに資金を拘束される筋合いはない!と思っています。これにも200万円分以上注ぎ込んでいます。

 

KSMを仕入れてPKSのパラチェーンオークションに参加

ここが一番アツいです。

私はGenshiroのパラチェーンオークションに参加している経緯もあり、簡単にKSMをPKSのパラチェーンオークション参加することが出来ました。

貢献上位120人に入れば確定でアロケーションを得られるので、200万円分以上注ぎ込んで確実に上位に食い込めるように狙っています。

 

 

GAFIコインに固執する理由

以上のように、600万円以上各種方法でロックしてアロケーションを得る努力をしてきた理由はいくつかあります。

それは、最初述べたようにYGGでの失敗からの悔しさ、参入障壁の高さからの優位性とそれに見合った報酬、そしてGAFIの将来性です。

今後書くブログでも取り上げるつもりですが、各ブロックチェーンゲームばかりを追っていたら、キリがないし、私自身そこまでやり込める自信がありません。

そんな中で、GAMEFIのGAFIを持っておけば各ブロックチェーンゲームのプロジェクトに投資しているととらえることが出来ると思っているので、絶対に欲しいのです。いうなればGAME版のYFIだと思っています。

 

9月10日、全てがここで決まります。私はこのコインを絶対に手に入れなければなりません。

 

投資は自己責任です。本ブログ記事を参考にして損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました