【番外編】GuildFiのGFコインのTLAに参加した結果

暗号資産情報

 

おむ太郎です。

前回の記事で暗号資産に関する記事は一旦終了しますと言ったな・・・。

 

あれは嘘だ。

 

MCコインでの成功体験から、自信満々にGuildFIのGFに参加したら盛大にやらかしたので記事にします。

2022年はギルド系コインの時代や!!という思いから、

コンパウンドでETHを担保としてUSDCを借り、

年の瀬の駆け込みでTLAに参戦し仕込んだ途端に、担保として預けていたETHの暴落によりビビッて狼狽売りしてしまった次第です。。

 

 

 

スポンサーリンク

反省点:MCコイン同様にTLA後には爆上げすると思っていた

 

MCコインはいわゆるギルド系のコインです。

簡単に言えばYGGのように、様々なブロックチェーンゲームのNFT等の貸し借りを行えるようになるプロジェクトという認識でいます。

MCはTLA終了後に3.2ドルから2倍以上に急騰しました。

この成功体験を経験していたので、GFも最低でも5ドルはいくやろ・・・と大船に乗った気分でルンルンでUSDCをリスク無視で借りてしまいました。

TLA期間は12月1日~3日までの3日間でした。

 

しかし、この間に仮想通貨市場の暴落が発生し、地合いが悪化。

担保として預けていたETHの担保価値の下落に見舞われてしまいました。

 


担保のETHはもう知らん。

・・・

いや、無理でした。

 

ETHは失いたくない…

リスク取りすぎたな…

そもそも、GFがTLA終了後に上がってない時点で、想定外で負けのはずなのに、まだ負けてない理由を探していて・・・確証バイアスが働いていました。

 

GFも4万枚まで膨れ上がっていたので、さすがにリスク取り過ぎという事で、損切を決行しました。

 

そもそも、10月~11月はIGO(IDO)に参加しているだけでお金が増えていたので調子に乗っていました。

頭を冷やす、いいきっかけになったかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。

 

ジョージ・ソロス氏の名言に「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ」というのがあります。

総悲観は買いだー!と言って、本来なら買うべき局面なのでしょう。

 

しかし、もともと現金を持っていなくて常に仮想通貨の現物を所持していた私は、

コンパウンドを駆使して背伸びしていろいろなコインを買っていたので、

こういう下落に巻き込まれたら現物ガチホよりもメンタルが持たないことに気づかされました。

 


5月の暴落時は、コンパウンドは預けるだけでコインは借りてなかったので、これには気づかなかったのです。

 

そして今日、この名言が突き刺さります。

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。

 

 

今後のこと

 

GMPDはまだ未上場ですが、追いません。(GFで儲けたら買うつもりだった

その分、ギルド系コインに余力を配分します。

 

 

メタバース×NFT×GameFi

これは来年のトレンドになると思っています。

なので、GFも損切はしましたが、一定数は残してます。

どうせ今後上がると思うので、値動き追うのは悔しいので追いません。

ステーキングして強制ガチホします。

 

あとは、コンパウンドにUSDCの借金が残っているので、それをIDOの収益で返しつつまずは借金の完済を目指します。

 

 

タイトルとURLをコピーしました