【仮想通貨ウォレット】私がSFPに投資しない理由【青汁王子で話題】

お役立ち情報

 

 

おむ太郎(@DEXomutaro)です。

 

 

今回は日本人に有名な仮想通貨ウォレット、『SafePal』のトークンであるSFPに私が投資しない理由を記事にします。

一時期、青汁王子が大量保有していて話題になりました。また、インフルエンサーの方も結構話題として取り上げています。

 

Safepalウォレットを使えば、

アカウント登録なしでBinanceの取引所が使える!

BEP20・ERC20といった違った規格でコインを送金をする際に、いちいちバイナンスにコインを送らなくても送金できる!

といった素晴らしい機能があることは承知しています。

しかし、SFPコインを投資対象として投資するかどうかは、別問題です。

 

 

スポンサーリンク

理由①:SIRIN LABSのFINNEYで失敗した経験があるため

 

2018年、あのサッカーで有名なメッシを広告塔にSIRINLABSがFINNEYという高セキュリティを謳った仮想通貨ウォレットを標準搭載しスマートフォンを発売しました。

SIRIN LABSがリオネル・メッシ氏出演CMを公開し世界初ブロックチェーンスマートフォンFINNEY™を発売

SIRIN LABSがリオネル・メッシ氏出演CMを公開し世界初ブロックチェーンスマートフォンFINNEY™を発売
SIRIN LABS AG.のプレスリリース(2018年11月30日 22時00分)SIRIN LABSがリオネル・メッシ氏出演CMを公開し世界初ブロックチェーンスマートフォンFINNEY(TM)を発売

 

私はこのスマートフォンを発表したSIRINLABSが発行する仮想通貨SRNに投資していましたが、ことごとく裏切られました。

 

結局、SIRINLABS幹部がサッカー好きでメッシに会いたかっただけじゃないか?と思います。私の投資した資金がメッシの広告費やSIRINLABS幹部の懐に流れたと思うと悔しくて仕方ありません。

 

結局、SRN自体のユースケースや、FINNEYの普及に本気ではなかったのです。

 

日本語コミュニティも閉鎖、英語公式テレグラムも書き込み不可のROM専用、銀座のアンテナショップも閉店。

この経験から、本当に持つべき価値のあるコインとは何なのだろうか?と考えるようになりました。

 

やはり、一企業がかかわっているとハズレを引いた時の悔しさは計り知れません。せっかくのブロックチェーンの技術もかすんでしまいます。

 

SafepalのSFPも、そういう意味で私は投資していません。

 

 

スポンサーリンク

理由②:各チェーンごとに利用する財布を分けているため

 

Safepalを起動すると、いろんなチェーンの財布を作ることが出来て管理もラクラクです。

裏を返せば、Safepalに何かあったら大丈夫なのか?というリスクがあります。

シードフレーズ別で保管してるし別に大丈夫、と言われてしまいそうですが、私はウォレットも分散させています。

 

BSCを触る際はTrustWallet、ETHを触る際はメタマスク、DOTを触る際はPolkadot-js

そして、BSCもBSCで魔界用ウォレットとメインウォレットを分けています。

 

つまり、Safepalだけしか使わないという事はないのです。

 

 

理由③:実際に利用した結果、使いづらいため

これは個人的な見解です。見た目と文字の小ささが好きになれません。あとDappsを利用するにしてもTrustWalletやメタマスクを比較して使いづらいです。

もうこういう感情を持ってしまっては、今後も使用することはないと思います。

 

 

結論:便利な機能はあるが・・・

 

人によっては、便利で便利で大変お世話になっているだろうSafepal。

特に、Binanceを登録なしで使えるとか今後規制されたらワンチャンスあるのかな?とも思いますが・・

私には使いづらかったので使っていません。その為、SFPも投資対象から外しました。

何よりも、過去に失敗した経験からウォレット系のプロジェクトに投資するのは気が引けてしまっています。

 

興味ある方は、Safepalについて調べてみるといいでしょう。インフルエンサーが煽っていたので日本語の情報はたくさんあるはずです。

 

投資は自己責任です。本ブログ記事を参考にして損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

 

タイトルとURLをコピーしました