私の暗号資産に対する信念2.0(ルール)

増やす力

 

 

おむ太郎(@DEXomutaro)です。

 

 

今回は、初めてのブログの記事として取り上げた、私の暗号資産に対する信念のバージョンアップと、今後の方針についてまとめます。

 

 

年末に近づくにつれて、FIREに向けたアセットアロケーションを具体的に確立するために行動をする必要があると感じています。

 

私が最近考えていることや、行動していることをまとめます。

 

 

スポンサーリンク

2021年度発生する仮想通貨の税金について

今年が終わるまであと約3か月半。

TITANでの爆損事件などがありましたが、何とか挽回し、

このまま終わると、仮想通貨の利益に対する税金が多額発生します。

税理士を探し、相談した結果、換金できる全ての仮想通貨を年末までに日本円に換金し、払うべき税金を明確にするという選択肢を取るに至りました。

 

雑所得の累進課税やばすぎ…税金払いたくない…

こんな気持ちで最近までいましたが、以下のマインドを持つことで、最近は吹っ切れることが出来ました。

 

源泉徴収で20%即時徴収されるより、その20%を最大限活用できたからさらに稼ぐことが出来た。
自分の子供を含めた、未来を担う子供たちの為に税金を納めているんだという認識を持つ。
今年はトコトンいろいろなことに挑戦して、しっかりと税金を払う。と腹をくくって覚悟を決める。

 

このようなマインドを持つことで、私は税金に対する不安を払拭することが出来ました。

今年いっぱいは、Defiを活用し自分の納得いく投資をして稼げるだけ稼いでやろうと思います。

 

 

スポンサーリンク

私の暗号資産に対する信念をアップデートします

前項で述べたように、一旦全て日本円に換金するので、一旦はガチホではなくなります。

原因は、魔界を含めたDefiを触ったことによる税金計算の困難さが挙げられます。

 

その為、来年以降はDefiを触らないで個人用ウォレットに寝かせるだけの完全ガチホに移行します。

 

以前の記事で、私は以下のように考えていました。

 

この半年、BTC・ETH・BNBをVenus、Compoundで預けていましたが、今後は預けません。

しかし、Defiレンディングはかなり便利だと実感したので、EquilibriumとGenshiroのガバナンストークンは個人用ウォレットでガチホしようと考えています。

 

担保価値の高そうなコインを銀行(分散型)に預けて長期で保有する。

という過去の信念をアップデートし、

・Defiを触って得た経験から、今後伸びるであろうコインを個人用ウォレットでガチホする。

という信念に変更します。

 

 

2022年以降ガチホするコイン

 

BTCETHは以前と変わらず王道中の王道でガチホ。

 

GAFIBCG(ブロックチェーンゲーム)関連コインの本命と踏んでます。

私も以前は何事も経験!の法則でBCGを触ってみましたが、どれも継続できずに撃沈しました。

GAFIはプレイせずに稼ぐ有能コインになると思っているので、私のニーズに合致しました。

 

EquilibriumGenshiroはアーリーアダプターで貢献することが出来たので、このまま行く末を見守ります。私は、半年前から考えている通り、やはりポルカドットのエコシステムが今後躍動すると思っています。

 

CROはCronosメインネットへの期待、クレジットカード事業への期待からガチホ。

 

最後に、仮想通貨が今後世の中に浸透した時に、今よりも価格が上がっていて、あの時買ってなかったら悔しい思いするだろうなコインとして、LTCETCをガチホに組み込みます。

 

今年3月の時点で保有していた通貨と比較すると・・・

 

こうなりました。資産がこの頃から増えたことによって、草コインによるリスクを減らし、大分地に足についたポートフォリオになると確信しています。

 

おまけ(一部補足)

私のプロフィールでこのようなポートフォリオを挙げました。

 

2021年末で一旦現金を確保するので、2022年初頭から暗号資産と並行してETFと投資信託を購入していきたいと考えています。

 

投資は自己責任です。本ブログ記事を参考にして損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました